kyousei_image1.jpg矯正歯科


 


marble_blue.jpg成人歯科矯正治療

歯科矯正治療は10才代に行うものと思われがちですが、治療を始めるのには年齢制限はありません。成人になってからでも矯正治療は行えます。歯並びが悪いと、容貌でのマイナス面はもちろんのこと、ブラッシングがうまく届きにくいことで、むし歯や歯周病を引き起こす原因にもなることがあります。また、顎関節症などのさまざまな問題もおきることがあります。 
歯を動かすためには、歯の表面に装置(ブラケット)をつけます。ブラケットにワイヤーを取り付けて歯を動かす方法が一般的です。通常ブラケットには金属のものを使用しますが、歯冠色のブラケット(審美ブラケット)を使用することであまり目立たずに矯正治療が受けられます。  
装着後は月に1回程度装置の調整を行います。 
歯並びが整ったら装置をはずし、整った歯並びが元に戻らないように、リテーナーという保定装置を使用します。保定装置が入った後も3~6ケ月の間隔で通院していただき、歯並びの移動がないかチェックします。 
矯正治療が終了したら年に1、2回程度通院して定期検診を行い、整った歯列を保つようにします。

kyousei_bracket.jpg

メタルブラケットと審美ブラケット             

kyousei_bracket2.jpg

使用する審美ブラケット

kyousei_image2.jpg

審美ブラケットによる矯正イメージ写真

トップに戻る


marble_blue.jpg矯正治療費

上顎ブラケット
金属
審美
審美
下顎ブラケット
金属
金属
審美
費用(一括の場合)
432,000円
486,000円
540,000円
調整料(月1回)
4,320円

保定装置料金(10,800円~)が別途必要です。(料金はいずれも税込み価格です。)

ただ今、カウンセリングを行っていますので気楽にご利用ください。

トップに戻る